最近のおたより

柏崎市刈羽郡小中合同音楽会(11月7日) new

2018.11.08 


素晴らしいホールで、最高の演奏をしてきました。

大きな会場で緊張するなあ、と大人は思いましたが、子供たちは逆に楽しんでいるようでした。トップバッターの出場でしたが、堂々と、いつも以上に伸び伸びと演奏できたと思います。


合唱は、学習発表会のときよりもさらに歌声が響いていました。音響が素晴らしいホールですが、もとの音が美しくないと美しく響きません。全員が心を一つにがんばってきた成果が表れていました。

太鼓演奏は、その迫力で見ている人を圧倒しました。「感動して涙が出た」との感想もいただき、大変うれしく思っています。

人数の大きな学校と比べても、決して見劣りすることのない、素晴らしい演奏でした。これも、子供たちの大きな自信につながったと思います。



高柳こども学習発表会(11月4日) new

2018.11.08 


保小中合同の学習発表会が開かれました。

この発表のために、一生懸命練習してきました。


オープニングの「よさこい」、合唱「空にジャンプ!」、太鼓演奏「高柳八季〜高小バージョン〜」、小中合同合唱「Bilieve」、全員合唱「ふるさと」と、たくさんの発表があります。高柳小学校は全校13名と少人数なので、一人一人の役割はとても大きく、責任をもって練習に取り組んできました。


本番では、どれも今までで一番の出来栄えで、大きな拍手をいただきました。子供たちにとって大きな自信になったと思います。

図工作品は、高柳産業文化祭りに合わせて、高柳コミセンに展示させていただきました。これまでよりたくさんの方に見ていただくことができました。


絆集会〜王国アドベンチャー〜(10月24日) new

2018.11.08 


今年も、絆集会はこども自然王国で行いました。

あいにくの雨天だったため、屋根がある場所でのウォークラリーとなりました。王国のスタッフの皆さんの指導のもと、中学生のリーダーを中心に、クイズや課題にチャレンジしました。


中学生が本当によく声をかけてくれ、小学生は認められる喜びと一緒に活動する楽しさを味わうことができました。

普段から一緒に活動することが多い高柳の子供たちですが、より一層絆が深まった集会となりました。



親子活動〜心と体で触れ合おう〜(10月12日) new

2018.11.07 


今年の親子活動は、親子で楽しく体を動かしました。

運動遊び塾「しらさん家」に来て頂きました。
タオルを使ったゲームや、体を使ったふれあい活動をしました。


なかなか親子で触れ合うことができなくなる高学年の子供たちもノリノリ!保護者の方も楽しそうに我が子と触れ合っていました。

日頃から適度なスキンシップを取ることが理想ですが、現実はなかなか難しい面もあります。親子の絆を深めることができた、貴重な親子活動でした。

PTAの役員さん、ありがとうございました。



狐の夜祭り(10月7日) new

2018.11.07 


30回目を迎えた、高柳のお祭り「狐の夜祭り」。「高柳を盛り上げよう」という、町の人の心が誕生させ、そして今まで続けてきました。今では他の地域からも大勢の見物客が来るほどの、町の誇りです。今年も全校で参加しました。


まずはよさこいの発表です。雨の中、切れのあるすばらしい演技でした。たくさんの拍手をもらいました。

よさこいの発表の後は、インタビュータイムと祭りの見学です。6年生は外国の方にも進んでインタビューしていて、外国語活動の成果?が見られました。


当日は残念ながら雨模様で、山道を歩くことはできず、始めと終わりだけの行列でしたが、大勢の見物客の中を、堂々と歩くことができました。こんなにもたくさんの人が楽しみにしている祭りを、自分たちで作り、守っている地域の人の思いに触れ、地域を大切に思う気持ちがまた一段と強くなりました。


里山体験(10月2日) new

2018.11.07 


今年も、地域の方が子供たちのために素敵な里山体験をプレゼントしてくださいました。

今年のメニューは、柿もぎ、かぼちゃ探し、栗拾い、そしてなんと、10月なのにスイカの収穫です。

きれいに整備された里山で、子供たちに楽しい思い出を!と、心をこめて準備してくださいました。


自然の中でおいしいものを探すという体験は、食欲だけでなく、冒険心、好奇心をかき立てるようです。その子も山を駆け回りながら、歓声を上げていました。

毎年毎年、子供たちの喜んだ顔を楽しみに素敵な体験を準備してくださっています。高柳の人の、子供を大切にするあたたかさに、いつも心を打たれます。



稲刈り(9月26日) new

2018.11.07 


素晴らしい天気の中、全校で稲刈りを行いました。

春にみんなで植えた稲は、地域の方が大切に育ててくださり、夏の暑さを乗り越えて大きく育ちました。黄金に輝く稲に、みんなの気持ちは高まります。

JAの皆さんや地域・保護者の皆さんに教えていただきながら、作業を進めました。


刈り取った稲は学校に運び、プールのフェンスにかけました。低学年も、自分が持てる稲の束を選び、一生懸命取り組みました。

どんなお米ができているのか、楽しみです。



PAGE TOP