最近のおたより

多人数の良さ new

2019.05.20 


 にじいろ学年は5人です。5人の学級は、一般的に少人数と言われます。指導が行き届き、一人一人と接する時間を多く取ることができるのが少人数の強みだと思っています。
 一方で、多人数の良さもあります。今月の歌は、運動会で歌う「ゴーゴーゴー」です。歌の中で、赤と白に分かれ、叫ぶ部分があります(もはや歌ではありません(笑))。1年生だけで、歌っても…2人と3人の掛け合いのため迫力が出ません。子どもたちも気合いが入りません。すると、2年生から「一緒に歌いませんか?」と誘いがありました。子どもたちは喜んで2年教室へ行きました。すると、2年生に引っ張られるように気合いが入り、大きな声で歌っていました。「明日も2年生と歌いますか?」「はい!歌いたいです!」これが多人数の良さだと思います。
 にじいろ学年の成長のために、少人数・多人数の良さを生かし、教育活動を進めます。




新しいことを始める new

2019.05.16 


 4月9日(火)から1年生も、本格的に学校生活がスタートしました。トイレや手洗い場、下駄箱の使い方を学びました。また、鉛筆の持ち方や話し方、聞き方も確認しました。これらは、繰り返し声掛けをします。
 一年生を迎える会に使用する似顔絵を2年生に描いてもらいました。1年生は、描き終わるまで行儀よく座ることができました。「好きなものはなあに?」というインタビューにもしっかり答えていました。出来上がった似顔絵を見て、とても嬉しそうにしていました。
 そして、給食も始まりました。自分たちで配膳し後片付けまですることができました。1年生は食べっぷりもよく、完食する子がたくさんいました。新しい活動にも意欲的に取り組んでいます。




PAGE TOP