本文へジャンプ   新潟県柏崎市立松浜中学校  
         〒945−0011
   新潟県柏崎市松波3丁目7番5号
    TEL (0257)22-3714
     FAX (0257)22-4986
     e-mail:matuhama@kenet.ed.jp 
 生徒会活動について紹介します

生徒会活動

            平成30年度スローガン 「飛翔伝承」

〜伝統を引き継ぎ、新たな未来へ飛び立つ〜


 
飛翔(ひしょう)とは、「空高く飛びめぐること」を意味します。現状に満足せず、今よりももっと高みを目指してはばたきたいという願いが込められています。

 伝承(でんしょう)とは、「受けついで伝えていくこと」を意味します。過去の白波会と全く別のものを作っていくのではなく、先輩方が作り上げ、育ててきた松中の伝統も大切にし、後輩へ伝えていきたいと考えるからです。


 具体的な取組

1 規律を守る松中

(1)授業中などの返事・発言

 指名されたら返事をするのはもちろん、問いかけに対して応える積極的に自分の意見を発言するなど、活発な雰囲気をリーダーが率先して作ります。

(2)ノーチャイムウィーク

 チャイムを鳴らさない期間を設け、自主的に時計を見て行動できるよう、働きかけます。

2 まとまりのある松中

(1)3い撲滅

昨年度の結果を受けて、より実態が分かるように、具体的な項目を設けた『3いアンケート』を実施します。2ヵ月に1回終学活で実施し、結果を評議員会で取り上げます。結果を受けて、白波会全体で撲滅のためのキャンペーンなどを実施します。

(2)あいさつ運動(小中連携)

 荒浜小と合同であいさつ運動を年に2回、松中のみで1回行います。今年度も、全校体制で行います。白波会の代表が荒浜小でスピーチを行い、協力体制を築きます。合言葉は『自分から・目を見て・大きな声で』です。

(3)行事への取組

 体育祭や白波祭などの学校行事では、特設委員会が作られます。実行委員長を中心に、生徒が主体となって活動を進めます。話合いを重視し、先生方のサポートを受けながら、練習会を運営したり物事を決定したりします。行事ごとに、リーダーの目標・フォロアーの目標を定めて事前に示します。振返り活動を必ず入れて次に生かせるようにします。

3 互いに高め合う松中

(1)松中メディアルールの設定

 保健委員会を中心に作成し、昨年度評議員会で賛同を得ました。松浜中学校として、メディアルールを『平日メディア2時間まで』に設定します。すこやか週間はもちろん、普段の生活でメディアを適切に使用できるよう、働きかけます。

(2)校歌・応援歌の声量アップ

 応援団を中心に、校歌・応援歌指導を行います。昨年度、元の音程に直したオリジナルの応援歌を復活させました。朝会や激励会の前に練習を行ったり、応援団が手本を見せたりして更なる声量アップを図ります。

(3)学級chat(チャット)での会員の意見の反映

 2ヵ月に1回、終学活時に学級chatを実施します。Chat(チャット)とは「気軽なおしゃべり」の意味で、白波会について関心をもち、気軽に話題にしてもらいたいという願いが込められています。各委員会や本部の活動がきちんと行われているか、班ごとに意見を出し合います。今年度は10分間に延長します。

(4)部長会の実施

 応援団長の号令で、部長会が行われます。2ヵ月に1回、各部活動の活動状況やマナー、冬期の体育館割当ての決定などを話し合います。

(5)全校レクの実施

学年をこえた関わりをさらに深めるため、生徒朝会や昼休みを利用した全校レクを企画します。学校行事など、その時期に合わせたねらいを設定して実施します。







 平成29年度スローガン 「超越 〜伝統をこえて、未来を創る〜」
 平成28年度スローガン 「変化は進化 〜深まる絆、新たな発展への挑戦〜」
 平成27年度スローガン 「深化 〜深まる絆、伝統の継承と向上〜」
 平成26年度スローガン 「深化 〜受け継ぐ文化、さらなる発展への挑戦〜」
 平成25年度スローガン 「深化 〜深まる絆、新たな文化の構築〜」
 平成24年度スローガン 「進化 〜輝く松中文化の追求〜」
 平成23年度スローガン 「進化 〜発展し続ける松中〜」
 平成22年度スローガン 「進化 〜心をつなげる松中〜」


 体育祭のパネル


   

HOME