最近のおたより

読書に親しんでいます! new

2020.02.18 


 鯨波小学校には、月に約2回ほど読書支援員さんが来てくださいます。
 今日は、読書支援員さんが来てくださる日でした。いつも図書の受け入れや書架の整理整頓、本の修理、子どもたちへの読み聞かせやブックトーク、本の紹介コーナーの作成、図書室の整理整頓…等々、子どもたちのためにたくさんのことをしてくださっています。
 
 画像は、給食時の読み聞かせです。みんな本当によく聞いていました。子どものそばに行くと、読み聞かせに対して「え、なぜ?」などと小声で反応しています。


 昼休みの図書室の様子です。3〜6年生は、昼休み中に本の返却をしたり、借りたりしています。
 読書支援員さんと楽しくおしゃべりもしています。いい時間です!


 5時間目です。読書支援員さんがいらっしゃるときには、1・2年生は5時間目に本を返却したり、借りたりしています。
 画像は、その後の読み聞かせのときのものです。いつも2冊読んでくださいます。今日は「どうぶつのお母さん」と「つるにょうぼう」の2冊でした。「どうぶつのお母さん」は、大きな声をあげて楽しそうに、「つるにょうぼう」は静かに集中して聞いていました。
 子どもたちの絵本をじっと見ている顔を見ていると、畳に座って、お話をじっと聞く時間は、かけがえのない時間に思います。


第50回なわとび大会 new

2020.02.17 


 2月14日に第50回なわとび大会を行いました。
 種目は、個人種目(短なわとび)2種目と、集団種目(長なわとび)2種目の計4種目。
 個人種目の1つ目は、「前両足跳び」か「前かけ足跳び」を3分間で何回跳べたか計測しました。400回以上跳ぶ子もいました。
 個人種目の2つ目は、「前交差跳び」や「前あや跳び」など、自分の決めた跳び方を1分間で何回跳べたか計測しました。
 自己記録を更新した子がたくさんいました。歴代の先輩の記録を上回る子もいました。


 集団種目の1つ目は、集団8の字跳びを3分間で何回跳べたか計測しました。低・中・高の学年部ごとに跳びました。みんなリズムよくなわに入ると、なわを跳ぶというよりもなわの中を駆け抜けて行くようでした。
 各学年部で体育の時間や休み時間に練習を重ねてきた成果が発揮され、新記録を出した学年部もありました。
 


 集団種目の2つ目は、縦割り班での一斉跳びを1分間で何回跳べたか計測しました。保護者の方にも中へ入っていただいたり、回し手になっていただいたりして、跳びました。最初はなかなかうまく跳べませんでしたが、「せーの!」と声を合わせ、回数を重ねました。
 個人種目も集団種目も、みんな最後まであきらめずにチャレンジしました。


フラワーグループで縄跳びの練習 new

2020.02.12 


 2月14日のなわとび大会に向けて、どの学年もなわとびの練習に励んでいます。
 今日の昼休みは、フラワーグループ対抗一斉跳びに向けて、グループごとに練習をしました。1分半で跳んだ合計回数で競います。今日は、大きな声をかけあい、グループごとに15回〜30回ほど跳んでいました。
 14日の大会では、保護者の皆様もぜひご参加ください。(昨年は3分間でしたが、今年は1分半と半分の時間になりました。)よろしくお願いします!




スケート教室に行ってきました new

2020.01.24 


 1月24日(金)、全校でスケート教室へ出かけました。
 昨年と同様に今年もスケート教室を2回行います。24日は、その1回目。


 スケートリンクに到着すると、スケート靴のひもを縛るのに苦労する低学年の子のひもを高学年が手伝って縛りました。高学年の子が下の学年の子を助けるのはもう当たり前になっている鯨波小の子の姿に、改めて感心しました。


 3つのコースに分かれ、インストラクターの方々から1時間ほど指導をいただきました。みるみる上達していく子どもたちの飲み込みの早さに驚かされました。
 最後の自由滑走では、颯爽とリンクを滑る子がたくさんいました。
 帰るときには、「早く2回目のスケート教室に来たいな。」と言う子がたくさんいました。


音楽集会 new

2020.01.22 


 1月22日、音楽集会を行いました。
 音楽集会では、学年部ごとに合奏と全校ダンスを発表しました。


 1・2年生は「こぐまの2月」、3・4年生は「チキチキバンバン」、5・6年生は「風を切って」の合奏を発表しました。
 どの学年部も練習の成果を発揮し、素晴らしい演奏ができました。保護者の皆様からも大きな拍手をいただきました。


 全校ダンスは、くしら会祭でも発表しましたが、より練習を重ね、発表しました。狭い音楽室での発表でしたが、大きな動きで踊りました。


PAGE TOP