H28年度のおたより

感動の卒業式!

2017.03.10 


 3日に「第70回卒業証書授与式」が挙行されました。
 卒業生は、堂々と卒業証書を受け取りました。また、在校生も真剣にその様子を見守りました。
 「卒業記念セレモニー」では、全校合唱のあとに卒業生が一人一人「旅立ちの言葉」を述べ、卒業生による卒業合唱を披露しました。卒業合唱の途中で涙ぐむ生徒もいました。


 最後の学活では、3年部職員の言葉の後に卒業生一人一人が中学校への思いを発表し、感動の雰囲気の中で終了しました。


 見送り式では、在校生が卒業生へエールを送りました。それに対して、卒業生も在校生へエールを返しました。最後の見送りでは、在校生の卒業生に対する思いが強く涙が止まらない生徒もいました。
 今年の卒業式は、感動に包まれた式となりました。


平成27年度、全204日間が終了しました

2016.04.01 


 24日で全204日間の全日数が終了しました。おかげさまで、大きな事故やトラブルもなく、1年間を終えることができました。6名の3年生の進路も決定し全員が希望を叶えました。残念ながら来年度は入学者がいないため、来年度は全校生徒25名で活動していきます。
 今年度1年間、高柳中学校の教育活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。


 25日に離任式がありました。これまで高柳中学校のために尽力いただいた2名の職員が離任されました。名残惜しいですが、新転地でのご活躍をお祈りしております。



2年生が修学旅行に行ってきました。

2016.04.01 


 8日〜10日の3日間、2年生が修学旅行に行きました。
 1日目は、広島県の廿日市市立宮島中学校の生徒と交流学習を行いました。当校の生徒は、高柳をPRするための旅行プランと、パンフレットを作成しました。発表後は宮島中学校の生徒が、宮島の観光ガイドとして名所を案内してくれました。クイズ形式にしたり、おすすめのお土産を教えてくれたりと大変楽しい時間を過ごしました。


 2日目は広島平和記念公園へ行き、平和学習を行いました。資料館を見学した後、原爆被害者の方から講話をしていただきました。当時の様子を語っていただき、生徒も真剣な態度で聞いていました。講話の後の感想では、「被爆した子供がお母さんのことを呼びながら亡くなっていったことを聞き、親のことを思い出した。ケンカをしたり嫌だと思うこともあるけど、そんな自分が情けなく思った。大切にしていきたい」と自分の生き方を考える生徒もいました。


 3日目には、京都の班別自主研修を行いました。3班に分かれ京都市内を巡りました。「おもてなしの違い」「伝統を今に生かす方法」「文化の違い」というテーマをそれぞれの班で設定し、高柳と比較しました。
 3日間を通して、大きなケガやトラブルもなく全員が無事に戻ってきました。この修学旅行を経験したことで2年生は大きく成長したように感じます。
 保護者の方をはじめ、多くの方からご協力をいただきました。ありがとうございました。


卒業証書授与式が行われました

2016.04.01 


 4日に第69回卒業証書授与式が行われました。厳かな雰囲気の中、6名の卒業生に卒業証書が渡されました。高柳中学校では、地域の和紙工房でつくった卒業証書を使っています。地域と共に子どもを育てていく高柳の良さが表れていると思います。
 


 3年生6名と担任とで記念撮影をしました。名残惜しい気持ちもありますが、それ以上に3年生の成長した姿を見るとうれしい気持ちでいっぱいになります。これからは自分の道を歩んでいく子どもたちのますますの活躍を期待しています。



高柳の雪まつり「YOU・悠・遊」

2017.03.10 


 25日(前夜祭)、26日(本祭)に高柳の雪まつり「YOU・悠・遊」が開催されました。
 このまつりでは、高柳中の生徒も大活躍しました。25日は、イベントの会場づくりや雪灯篭づくりなどをボランティアとして手伝いました。また前夜祭では、高柳の太鼓チーム『黒姫太鼓(高柳中学校の生徒数名が所属)』の演奏がありました。また、3年生が作成した「地域紹介PV〜English Ver.〜」を雪の壁に映し、中学生がこのPVの説明を行いました。


 26日は、朝、ボランティアとして、会場づくりを行いました。
 また、午前は太鼓の演奏や小中合同のよさこい披露がありました。


 さらに午後は、各アトラクションの役員として活躍しました。生徒が地域の活性化に貢献した2日間となりました。


2月の様子

2017.03.10 


 8日に「新入生説明会」が行われました。中学2年生が小学校6年生に、高柳中学校の1日について説明したり、レクリエーションを行ったりしました。また、放課後は卓球部と野球部の練習に6年生も参加しました。中学生が優しく教えながら活動しました。


 10日に「第2回生徒総会」が行われました。ここでは、本部や各委員会、各学年、各部活動の1年間の活動報告を行いました。総会中は、質問や意見などが活発に飛び交っていました。
 また総会後は、「引き継ぎ会」が行われました。旧本部役員、旧委員長から新本部役員、新委員長にファイルなどを引き継ぎました。


 24日に「三送会」が行われました。
 給食時には「昼食会」と称して、3年間の軌跡のスライドショーを見ながら給食を食べました。
 午後は、レクリエーション「絵伝言ゲーム」で楽しみました。最後は、2年生から3年生へお祝いの言葉と色紙を渡しました。3年生にとっても2年生にとっても思い出に残る会になりました。
 


2月の様子

2016.04.01 


 今年度の「良い歯の学校運動」の優秀校に選ばれました。
 高柳中学校では、委員会活動の1つとして、歯ブラシチェックがあり、毎月歯ブラシの刃先をチェックして適当な状態を保つようにしています。また、元気館から歯科衛生士の方に来ていただき歯の染め出しとブラッシング方法の指導をしていただいています。
 今後も継続して取り組みたいと思います。


 高柳中学校では毎年、ガルルスキー場でスキー授業をしています。今年度もインストラクターの方と体育主任とで授業を行いました。天気にも恵まれ、気持ち良く滑ることができました。


 28日に高柳町で行われる雪まつり「YOU・悠・遊」がありました。中学生もボランティアとして前日の準備から参加しました。
 よさこい演舞や屋台の店番、着ぐるみを着てのパフォーマンスなど、多くの場面で活躍しました。地域の方からも、中学生の力があることで大変ありがたいとお褒めの言葉をいただいています。
 高齢化の進む地域を支えるのは、今の中学生や高校生などの若い力だと思います。
 生徒が卒業して大人になった後も、ぜひ高柳に戻ってきて地域を盛り上げていってほしいと思います。


1月の様子

2017.03.10 


 10日に校内書初大会が開催されました。先生のアドバイスを意識しながら、今までの練習の成果を発揮することができ、どの生徒も最高の作品を完成することができました。


 18日の昼休みに、生徒同士の絆を深めることをねらいとして、生徒会本部主催として行う「絆タイム」で雪合戦を行いました。雪玉をつくる人や雪玉を投げる人、みんなを雪玉が当たらないように守る人など、それぞれ作戦を立てながら楽しそうに行っていました。


 高柳中学校では1〜2月に年4回スキー授業を隣の「ガルルスキー場」で行っています。地域の方から指導していただき、生徒のスキーの技術が上がりました。


1月の様子

2016.04.01 


 22日に親子学習会が行われました。今回は、福祉センターの職員の方やボランティアの方に来ていただき、「見えない世界・聞こえない世界」を親子で体験しました。見えない世界では、親子でお互いに目隠しをして歩いたり、片方が目隠しをしている方を誘導したりしながら見えない世界を体験しました。
 学習後の振り返りでは、「自分が体験したような怖い思いを目の不自由な人はしているので、困っていたら優しく声をかけたいと思いました。」と、この体験から視覚から多くの情報を得ていることや、不自由な方の気持ちを考えるきっかけとなりました。


 22日に親子ミーティングを行いました。
来年度以降、生徒数が減少することから部活動の見直しを行うために保護者の方にも意見をいただきました。
事前に生徒の意見を聞き、希望や思いを集計した上で保護者の方にも考えていただきました。話合いの中では、「早めにどのような部活になるか決まらないと、子どもも迷ってしまう。」など特に小学生のお子さんがいる保護者の方を中心に多くの意見をいただきました。
 今後も話合いなどを設け、考えていきます。



1月の様子

2016.04.01 


 新年あけましておめでとうございます。
 今年も本校の教育活動へのご協力をよろしくお願いします。
 8日に全校集会が行われ、校長から新年の挨拶がありました。干支の話や幸せ言葉について話がありました。内容としては、「ありがとう」や「嬉しい」などの言葉を口に出すことで、心が明るくなり周囲も明るくなるので、お互いに良い人格や人生を作っていこうというものでした。
 


8日に新春書初め大会が行われました。各学年で課題文があり、それを行書で書きました。
  1年生は「栄光の道」
  2年生は「白銀の峰」
  3年生は「初志貫徹」
を書きました。
学年が上がるにつれて集中した様子が高まり、一生懸命に書いていました。



12月の様子

2017.03.10 


 1日に校内球技大会が開催されました。種目はバスケットボールでした。縦割り班でチームを作り、それぞれ作戦を立てて行いました。どの生徒も活発にプレーしました。また、勝敗に関わらず仲間とのふれあいを楽しみました。


 12月は、「人権教育、同和教育強調月間」です。高柳中学校は例年、担任だけでなく、校長や教頭を含む全職員が授業を行います。
 それぞれの授業では、生徒に、人権に対する正しい知識をもたせようと工夫しながら行いました。


 14日に「命の大切さを学ぶ教室」が行われました。新潟県警の方から来ていただき、交通事故で弟を亡くした女子中学生(架空)を取り巻く環境から被害者の心情を学びました。また、腹式呼吸をとおして、気持ちを落ち着かせることも教わりました。


11月の様子

2017.03.10 


 15日に3年生の「総合学習発表会」が行われました。
 3年生は「地域の一員としてできること」をメインテーマとして、1年間取り組みました。そこで、地域の野菜を栽培し、販売したり、オリジナルスイーツを作ったりする「農業チーム」、生ごみから肥料を作り、トウモロコシを栽培する「有機肥料チーム」、高柳の名所をパンフレットやweb上で公開する「発信チーム」に分かれ、取り組みました。
 発表会では、御協力してくださった地域の方からも出席していただきました。発表をした生徒は堂々としており、今まで追究してきた成果を発表することができました。


 24日に生徒会役員選挙立会演説会が行われました。柳郷会会長、副会長の立候補者が公約を堂々と発表しました。どの候補者の公約からも、「高柳中学校をもっと良くしていきたい。」という気持ちが感じられました。


 25日は、生徒会役員選挙投票日でした。生徒は、先日の立会演説会のそれぞれの候補者の演説からよく考えて、真剣に投票しました。


ダブルダッチ!!

2017.03.10 


 高柳小・中学校では毎年、「絆集会」としてダブルダッチに取り組んでいます。今年は練習会を4回と発表会が行われました。
 今年は、練習会にプロのダブルダッチチーム「ZERO」さんを迎えて、指導をしていただきました。「ZERO」さんのパフォーマンスに生徒は目を輝かせていました。その後、各班に分かれて練習を行いました。「ZERO」さんの的確なアドバイスで、生徒の技術も格段にアップしました。


 ダブルダッチ発表会では、今までの練習の成果を発表しました。例年になくハイレベルな技を繰り広げたため、審査員の方々(地域の方々)も甲乙つけがたいとおっしゃっていました。
 発表を終えた後の生徒の表情は、とても晴れ晴れとしていて、達成感に満ちた顔をしていました。
 今回のダブルダッチ発表会で、中学生だけでなく小学生との絆も強くなったように感じました。



保・小・中学習発表会!

2017.03.10 


 5日に保・小・中学習発表会がありました。中学校では、作品展と学習発表会、生徒会イベントを行いました。
 作品展では、生徒が取り組んだ作品の他、総合学習の活動紹介や学校生活の様子を紹介する写真のコーナーを設けました。


 学習発表会では、音楽の時間と放課後の時間を中心に練習を重ねた全校合唱と、吹奏楽部の演奏を発表しました。


 「生徒・地域全員が1つとなって楽しむ文化祭にしたい」という生徒の願いをもとに、生徒会が「ハピネス〜未来に届ける笑顔の輪〜」というスローガンを掲げ、生徒会イベントを行いました。
 学年を超えてグループを作り、多くの出し物を披露しました。


柏刈新人球技大会がありました。

2017.03.10 


 5日に柏刈新人球技大会が行なわれました。 
 野球部は、この新人戦まで第二中学校の生徒と合同チームとして活動しました。チームスポーツであるので、こちらから仲間関係を作ることは大変重要なことだと思いますが、二中の生徒からも積極的に関わってきたおかげもあり、次第に絆が生まれていきました。また、別の指導者が加わることで生徒にとっても良い刺激になったと思います。
 新人戦の結果は惜敗で終わってしまいましたが、この経験を来年の柏刈大会につなげられるようにしてほしいと思います。


 卓球部は、昨年度の新人戦以降、今の学年のみで活動してきました。メンバーが変わらないことの良さも悪さも経験し、その都度乗り越えてきた卓球部です。
 結果としては、残念ながら、敗退となってしまいましたが、「悔しい」「もっとうまくなりたい」など、悔しい気持ちをあらわにしていました。


 高柳中学校では、生徒数の減少に伴い部活動の見直しをはじめています。現在の野球部、卓球部はそのまま残し、吹奏楽部を文化部に変更し活動する予定でいます。PTAの方や生徒の思いを聞きながら慎重に決めていきたいと考えています。


第30回高柳町縦断駅伝競技大会

2016.10.18 


 11日に第31回高柳町縦断駅伝競技大会が行われました。高柳中学校からは1チームが特設駅伝部として参加しました。当日は十日町の川西中学校など他地域からも参加し、全部で16チームが出場しました。
 出場しない生徒も役員として、記録や計時の仕事を責任をもってやり遂げました。


 結果としては、7位でした。昨年度より、順位もタイムも上がり、生徒の頑張りが結果として現れました。地域の方々に応援されながら、タスキに想いを込めて選手は一生懸命に走りました。走り切った選手たちのこれまでの努力と当日の頑張りは素晴らしいものでした。
 また、役員の生徒も自ら行動し、自分の仕事に責任をもってやり遂げることができました。
 地域の方をはじめ、多くの方から沿道で声を掛けていただきました。応援ありがとうございました。



柏刈新人陸上競技大会がありました!

2016.10.18 


 11日に柏刈新人陸上競技大会が行われました。
 体育祭から6日という短い時間の中で、特設陸上部は活動を行いました。今年度は2年生のみということもあり、希望者だけが大会に参加する形をとりました。それでも、2年生全員が大会参加を希望し、全員でこの大会を盛り上げました。
 


     2年女子 800M 2位
     共通男子 走幅跳  5位
               7位
     共通男子 三段跳  3位
     
と入賞者が多数でました。生徒の何事にも一生懸命に取り組む姿勢が形となりました。


 当日は雨模様でした。特に、女子800mのときには、天気が一気に崩れ大雨となりましたが、選手は懸命に走り切り、2位という素晴らしい結果を収め、応援生徒は雨の中でも一生懸命に応援しました。自分だけでなく、相手のためにも頑張られるのは素晴らしい姿だと思います。


燃え上がれ!高中戦士!

2016.10.18 


 3日に体育祭が行われました。当日は天気も良く、体育祭日和でした。
 今年度の体育祭は、中学校単独で行う最後の体育祭でした。今後は、保・小・中が一緒となって行う体育祭となります。
 両軍とも、応援や競技に全力で取り組みました。生徒は、「みんなで1つになれた。」「悔しかったけど、楽しかった」「応援に力を入れていたから嬉しい」と感想を言っていました。
 この体育祭で得た経験を、今後にも生かしていってほしいと思います。


 参加してくださった、地域の方、保護者の方、幼児や園児、小学生のみなさん、本当にありがとうございました。おかげさまで、生徒も楽しく体育祭を終えることができました。今後とも、高柳中学校の教育活動へのご支援をよろしくお願いいたします。



34日間の夏休みが終わりました。

2016.10.18 


 26日から34日間の夏休みを終え、授業が始まりました。
 この夏休み中、生徒は地域ボランティアに参加し、保育園やコミュニティデイホーム、特別養護老人ホームなどに行きました。園児やお年寄りと話をすることで、地域に元気を与える姿が素晴らしく感じる日々でした。
 他にも、地区吹奏楽コンクールやわたしの主張柏刈大会に参加するなど、忙しい毎日を過ごしました。


 地区吹奏楽コンクールでは、吹奏楽部員5名に加え、他部から助っ人を呼び合計7名で演奏を行いました。
 1人で複数の楽器を演奏する必要があるため、曲を合わせるだけでなく、楽器を持ち変えることを練習する必要がありました。多くの練習時間が必要とされる中、一生懸命に努力を重ね、「銀賞」を受賞しました。
 演奏後の生徒たちは、「やりきった」という達成感と清々しさを感じる良い笑顔でいました。


 わたしの主張柏刈地区大会では、中西千里さんが学校代表に選ばれ発表をしました。「あなたのおかげで生きている」という題名で、生き物の命をいただくことで自分たちは生きているということを自身の経験を元に伝えました。
【概要】
 大事に育てていたカモが弱ったことをきっかけに、そのカモを自分で食べることを決意。父から、「命をいただくということがどういうことなのか、自分の目でしっかりと見届けなさい」という言葉を受け、カモを殺すところから見守る。この経験から、手を合わせて「いただきます」この言葉に心がこもるようになる。生まれた時から殺される運命の動物たち。その命をいただいて私たちは生きている。「命をいただきます」「あなたのおかげで生きています。ごちそうさま」


7月の様子

2016.08.24 


 7日に情報モラルの授業を行いました。
 今回の内容は「メディア利用の仕方」です。昼夜逆転やメディア時間と学習時間のバランスなどについて話をしました。
 自らの生活を振り返ることで、自分が正しくない生活をしていたと気付いた生徒もいました。
 授業の最後には「マイメディア宣言」をつくり、日々の生活で意識していくようにしました。


 今年度の高柳中学校の体育祭は9月3日(土)に行います。人数が少ない分、地域の方や来て下さった方と一緒に行う競技もあります。お時間のある方はぜひお越しください。
 この体育祭では、生徒は紅軍と青軍の2つに分かれ、競技と応援で互いに争います。7日にその軍を決定する体育祭集会が行われました。
 始めに今回の体育祭のスローガン「燃え上がれ!高中戦士!」が発表されました。その後、メンバー発表が行われました。メンバー発表ではお互いにハイタッチをして団結しようという意思を表現していました。


 


6月の様子(13日〜30日)

2016.08.24 


 16日に全校道徳を行いました。生徒会主催で「仲間さがし」という活動を行いました。これは多様な個性(人種、性別、言語などを含め)をもつ人々を違いがあるからと言って排除するのではなく、認め合うことが大切であることを学ぶために行いました。
 活動を通して、仲間外れになる気持ちを疑似体験し、相手のことを考えるきっかけになったようでした。


 前回雨で延期となったふるさと体験学習を21日に行うことができました。
 山道が基本となる、約13kmの道のりを3時間かけて歩きました。友人との会話や、自然の豊かさ、途中のチェックポイントにあるクイズなどを楽しみながら歩いてきました。
 
 


 28日の生徒集会では、「良い歯」について意識を高めるために、保健奉仕委員会の生徒が歯に関するクイズを出題しました。「魚は虫歯になるか」「ドイツでは歯科検診を受けていると治療費が安くなるか」など、楽しいものから考えさせられるものまで、いろいろと準備していました。
 高柳中学校では、年に3回、歯科衛生士の方に来ていただき、染め出しをしながら歯科指導をしていただいております。これからも良い歯の生徒が増えるようにしていきたいと思います。


6月の様子(1日〜11日)

2016.08.24 


 7日に柏崎人権擁護委員の方々が、人権意識を高めるためにパンフレットを配付しました。各学年1人ずつ一日人権擁護委員として玄関に立ち、パンフレットの配付や声掛けを行いました。

高柳中学校では、翌週16日に全校で道徳を行い、その後人権擁護委員の方から講話をしていただくことで、更に人権への意識付けを行っていきます。


 8日に行われた生徒集会では、文化委員会の生徒が自分のおすすめの本を紹介しました。歴史の本や、小説、物語など、様々なジャンルの本を紹介していました。
 また、集会後に図書スペースにコーナーを新設し、POPを作って関心を引きやすい工夫をしていました。その成果もあり、集会後に生徒は、さっそくおすすめの本を手に取って眺めていました。


 10日は学校行事「ふるさと体験学習」でした。3年周期で内容を替えており、今年は「高柳縦断」でした。
 残念ながら当日は雨で実施できず、延期となりました。そこで、元々行うはずだった野外炊飯の代わりに全校調理実習を行いました。
 班ごとに、準備した食材で焼きそばやカレーを作り、仲間と楽しく食事をしました。


柏刈球技大会がありました!

2016.08.24 


 5月31日と6月1日に、柏刈球技大会がありました。
3年生にとっては引退をかけた勝負の舞台でした。結果ではなく、これまで仲間と共に、チームとして努力してきたこと、辛い練習を乗り越えてきたことなど過程を大切にしてほしいと思います。


 卓球部は男子が西山総合体育館、女子が鏡が沖中学校の体育館で行いました。
 団体戦、個人戦ともに、残念な結果となってしまいましたが、大会後の振り返りで、「良い選手の試合を見て参考になった」「(結果が悔しいので)もっと練習しようと思った。」など、この大会で得たものは大きかったようです。卓球部は全員が2年生なので、この悔しさを糧に、新人戦や来年の柏刈大会まで努力を重ねてほしいと思います。


 野球部は佐藤池野球場で試合を行いました。
 松浜中学校と対戦し、善戦しましたが、2−4で惜敗してしまいました。
 試合中は全員で声を出し、チームを盛り上げました。高柳中学校野球部の伝統である、大きな声、あいさつ、返事。その姿をこの大舞台で見せた野球部は大変立派でした。


5月の様子(16日〜27日)

2016.08.04 


 17日に、小中合同学校保健委員会が行われました。
 会の前半では、ナチュラルメディカルジャパンの下條茂様を講師にお迎えし、「考えよう親子のルール〜高柳goodライフ宣言〜」と題して御講話を頂きました。普段の何気ない姿勢が自分の体調を崩していることや、ポジティブに考えることが体の調子を上げていくという話を、体験活動を含めながら教えていただきました。
 とても楽しい雰囲気の中で行われた講話であったため、子どもたちも終始集中していました。
 後半には、親子で自分の生活習慣を見直し、良い生活を送るためのルールを決めました。他の保護者の方との意見交流をしながら行っていき、ルールを見直していきました。


 2年生の総合的な学習の一環として、小中合同の田植えを行いました。今年度の2年生の総合的な学習では、「生き方を学ぶ」をテーマに活動しています。高柳の主要産業である農業は最も身近な生き方の1つだと考え、農業体験を行っています。小学生と共に田植えを行なった後に、インタビュー活動を行い、農に携わる方の生き方について学びました。


 柏刈各種大会の激励会を行いました。3年生にとっては引退をかけた重要な戦いであり、3年間の集大成を見せる場になります。
 これまでの練習の成果を十分に発揮し、悔いのない戦いをしてきてほしいと思います。


5月の様子(9日〜13日)

2016.08.04 


 11日に2年生の総合的な学習の授業で、地域の方から職業講話をしていただきました。
 今回は高柳の主産業である農業に携わっている方から、農業に関する話をしていただきました。「農」と「農業」の違いや、「百姓」という仕事についての話、これからの高柳の農業をどうしていけばよいかということについて話していただきました。
 生徒は熱心に話を聞き、質問をする姿が見られました。


 13日に第一回生徒総会が行われました。
 部活動を含めた新しい組織で活動が始まり、1か月が経ちました。その間に年間の活動計画が出され、この会で承認されました。
 準備を重ねてきた生徒会本部の生徒は、総会後には安心したような表情を浮かべていました。


 今年度の生徒会スローガンは「結(むすぶ)〜一人一人がつなぐ伝統〜」です。
これまでの高柳中学校の伝統である、生徒一人一人が自ら動くということが、今少しずつ薄れてきていると生徒会本部が考え、このスローガンになりました。
 互いの良さを認め合いながら、活気ある雰囲気を取戻し、今の高中生をこれまでの伝統ある高中生と結び付けたい。という願いが含まれています。
 今後、生徒会本部が主体となりながら、どのような学校を創り上げていくのか楽しみです。
 


4月の様子

2016.08.04 


 全校で応援練習を行いました。昨年度から人数が減り、声が小さくなるのではないかと心配していましたが、3年生を中心にとても大きな声で応援練習を行っていました。
 あいさつや返事が大きいことが、良い伝統として引き継がれている高柳中学校です。3年生の立派な姿を見て、後輩たちもこの伝統を引き継いでいってほしいと思います。

 


 20日に交通安全教室が行われました。町内を走行し、横断歩道の渡り方など、安全に自転車に乗る方法ついて学習しました。
 普段自転車に乗らない生徒もいるため、「ドキドキしながら乗ったけど、意外と体が覚えていた」「忘れていることもあったので、思い出すいいきっかけになった」などの感想がありました。
 坂が多い地区なので、安全に注意して走行してほしいと思います。


 22日に部活動結団式が行なわれました。今年度の部活動は、野球部12名、卓球部9名、吹奏楽部4名で活動していきます。この他、特設陸上部、特設駅伝部、特設柔道部、特設スキー部があり、掛け持ちで所属しています。
 結団式では、一人一人が大きな声で1年間の抱負を言い、堂々とした態度で臨んでいました。日々の練習により、心身ともに成長することを願っています。


新たな年度が始まりました

2016.08.04 


 平成28年度が始まりました。今年度は、新入生がいないため2年生15名、3年生10名の25名で活動をしていきます。1つの学年がいないことで、行事や活動にもさまざまな影響が表れる1年間になるかと思います。地域のみなさんにご協力いただくことも増えるかもしれません。今年度もよろしくお願いします。


 高柳中学校は、明るく前向きな生徒が多く、少人数でも活気ある学校です。地域に根付いた学校として地域行事に積極的に参加し、中学生の力で盛り上げようとしています。
 
 



高柳中学校校歌

2017.03.10 


 高柳中学校の校歌です。




校歌・生徒会歌

PAGE TOP