■主な活動
3年生 郷土料理「のっぺ」作りに取り組みました
  食生活推進委員の皆様のお力を借りて、「のっぺ」作りを行いました。今まで、柏崎の郷土料理ということで、子どもたちも興味を持って調べ学習を進めてきました。鯛茶漬けに続いての試食、そして今回は自分たちで作るということでわくわくどきどき!みんなかわいいエプロンを着けて取り組みました。
 食推の方が材料を子どもたちが切りやすいように用意してくださったので、とてもスムーズに進みました。包丁の持ち方がおぼつかない人もいましたが、食推の方が、優しくしっかりと見守ってくださり、怪我なく調理できました。また、丁寧にだしを取ってくださって、味付けもばっちりでした。とてもおいしくいただきました。
 お話の中で、のっぺはずいぶん昔から(鎌倉時代)親しまれてきた料理だということで、子どもたちもびっくりしていました。また、食推の方に自分から質問していろいろなお話をお聞きすることができ、有意義な時間を過ごせました。裏面に作り方を載せておきます。是非ご家庭でも作ってみてくださいね。



 お話の中で、のっぺはずいぶん昔から(鎌倉時代)親しまれてきた料理だということで、子どもたちもびっくりしていました。また、食推の方に自分から質問していろいろなお話をお聞きすることができ、有意義な時間を過ごせました。裏面に作り方を載せておきます。是非ご家庭でも作ってみてくださいね。





2020年1月24日