■主な活動
3年生「鯛茶漬けを食べました!!」
 16日(木)に「鯛プロジェクト」のメンバーである、湯元館の村山様、割烹いなほの小池様、柏崎市観光協会の小暮様の三人にお越しいただき、鯛茶漬けについてのお話を聞いたり、本格的な鯛茶漬けを試食させていただいたりしました。
 子どもたちは、柏崎の鯛の水揚げ量が県内3位、鯛のごち網漁をしている方が柏崎には1人しかいないこと、中越沖地震がきっかけとなり鯛茶漬けが作られたことなどの話を興味津々に聞いていました。また、初めて食べる鯛茶漬けに感動して味わって食べていました。

【子どもたちの感想】
・鯛の香り揚げがやわらかく、口の中に鯛の味と香りがすごく広がりました。だしの味がとてもおいしかったです。
・鯛めしにだしの味がしみ込んでいてとてもおいしかったです。
・三つ葉は少し苦かったけど、香り揚げや鯛めしと一緒に食べたらおいしかったです。
・香り揚げがふわっとしていてとてもおいしかったです。
・ごはんもほんのり鯛の味がして、香り揚げやおだしにとてもよくマッチしていておいしかったです。



 総合的な学習の時間に今週は鯛茶漬けを試食しましたが、来週は郷土料理であるのっぺを食べる予定となっています。
中に入るものは、 里芋、人参、れんこん、ごぼう、ちくわ、こんにゃく、油揚げ、干し椎茸、銀杏(※給食では普段出ないものですので特にご注意ください)、絹さや です。もし、食品の中でアレルギー等の心配がありましたら、ご連絡ください。
また一緒に調理をするため、 エプロン(おうちの方のものでかまいません)、マスク、三角巾 を持たせてください。




2020年1月17日