■学校の主な活動紹介
1ねんせいになったよ。
 「あくしゅ大作戦」で交流が深まっています。4月の学習参観では、お家の方の前でちょっと緊張しながらもみんな堂々と自己紹介ができました。(自己紹介後、お家の方に合図を送る姿がかわいかった・・・。)
お家の方とあくしゅ大作戦をした後は、1年生全員で自己紹介をして交流を楽しみました。相手と目を合わせると思わず笑顔がこぼれてました。


 5月14日(火)の5時間目に、1年生合同で道徳の学習をしました。
命のアサガオのルーツは、平成5年、小学校1年生のこうすけ君が育てたアサガオです。彼は骨髄移植を受けられないまま白血病で亡くなりました。ある日お母さんは悲しみの中、こうすけ君が学校で育てたアサガオの花を見つけました。そしてその種は命のアサガオと名づけられて全国各地に広がり、思いやりの心の大切さを伝えています。
その命のアサガオの種が荒浜小学校の1年生にも届きました。生活科で植えたアサガオとは別の植木鉢に植えました。芽が出るのを子どもたちと土をにらめっこして楽しみにしています。



 5月23日に地域ボランティアさんのご協力で、サツマイモの苗植えをしました。午後から雨が降る予報の絶好の植え時!今年は、『べにあずま』を植えました。“最初の10日が大事だぞ”のアドバイスに「水やりがんばる!」の声。「早く食べたくなってきた!」と,秋の収穫が今から楽しみです。

2018年5月30日
佐藤 信子