■学校の主な活動紹介
夏休み中の活躍
 夏休み中の子どもたちの活躍です。

 7月24日(月)は、ぎおんまつりのマーチングパレードに参加しました。
 
 小雨が舞う中でしたが、最後まで演奏ができました。一人一人が立派に役割を果たし、練習の成果を発揮したすばらしい演奏でした。

 
 7月31日(月)は、親善水泳大会第3ブロック大会が県立アクアパークを会場に行われました。
 どの学校も自分達の仲間にはもちろんのこと、他校の子にも声援を送るなど心温まる大会でした。荒小の子どもたちも活躍しました。


 8月3日(木)は、第62回小中学生写生大会が赤坂山公園で行われました。参加した子どもたちは、一日じっくりと身近な自然に向かい作品を描きました。
 
 8月5日(土)には、柏崎工業高校のプールで水球交流会が行われました。天候にも恵まれ、他校のチームとの交流試合で、選手は水球の楽しさを味わいました。
 
 また、世界で活躍するブルボンウォーターポロクラブの選手達の優れた技術を目の当たりにしたり、直接ふれ合ったりできました。

 8月6日(日)は、市営陸上競技場で今井哲夫記念ジュニアオリンピック大会が行われました。希望選手の参加でしたが、いくつもの種目で入賞し、活躍しました。


 8月10日(金)には、夕日のドームを会場にゲートボール交流大会が行われました。荒小の子どもたちはゲートボールクラブに所属する子どもたちを中心に希望者がチームをつくって参加しました。

 結果は、優勝、第三位と好成績を納めました。

 子どもたちの活動を支えてくれたり応援してくださったりした指導者の皆さん、ご家庭の皆さん、大変ありがとうございました。

 

2017年8月29日
中村 聡