保育園の年長児さんと交流遊び、給食体験をしました
 11月10日に、松波保育園と荒浜保育園の年長児さんと交流会をしました。体育館で対面すると、互いに知っている顔を見付けては嬉しそうに手を振ったり、声を掛け合ったりしていました。
 体育館では、じゃんけん列車をして遊びました。1年生は年長児さんと、年長児さんは1年生を相手にじゃんけんをして列車をつくりました。できあがった長い、長い列車にみんな、歓声をあげていました。
 最初は緊張気味の年長児さんもいましたが、遊びが終わるころには緊張も解けてみんなニコニコ顔でした。




 その後、6年生に配膳をしてもらって一緒に給食を食べました。いつもは苦手な物が残ってしまったり、時間がかかったりする子も、この日はみんな張り切って食べることができました。また、お世話係として1年生は、ペアの子と一緒に歩いて給食をもらったり、牛乳パックのたたみ方を教えてあげたりしました。年少者を気遣い、お世話をする1年生の姿はとても頼もしく見えました。
 振り返りでは、「楽しかった」「入学してきたら一緒に遊んであげたい」という感想をもつ子がたくさんいました。