■主な活動
響いた!「ひまわりっ子」ハーモニー!!
 小中学校合同音楽会に参加してきました。子どもたちは、アルフォーレに入った途端「緊張してきた!!」とたくさんの人と大きくて素敵なホールを見て、思わず声をあげていました。本番のステージ、合唱は、高音も低音も丁寧に綺麗な声で歌い上げることができました。合奏は、心を1つにし、意気の合ったリズミカルな演奏をすることができました。ひまわり学年の子どもたちの素敵なハーモニーがアルフォーレの観客席いっぱいに広がりました。自分たちの発表前後の鑑賞態度もよく、他の学校の仲間の演奏に聞き入っていました。「木琴の子がうまかった。」「リズムに合わせて体をゆらしていた。」「響きがきれいだった。」と、感想をつぶやいていました。自分たちも練習を頑張ってきたからこそ、相手の良さに気づくことができました。その姿にも子どもたちの成長を感じさせられました。
 練習が始まったのは、9月、半袖でもまだ暑いという時期でした。この間順調に上達し続けてきたわけではなく、個々に、また学年全体として、壁にぶち当たった時期も、正直ありました。しかし、仲間と教え合い、休み時間に誘い合う中で、気持ちを高め、成長し、乗り越えることができました。本当によく頑張りました。立派な姿でした。






2015年11月8日